藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

仮想通貨、よくわからないイコールあやしい?

ノンカテゴリ

仮想通貨、よくわからないイコールあやしい?
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

 「あたりまえ」は姿を変える 

仮想通貨 / よくわからない=あやしい?その認識は大丈夫ですか?

[携帯電話って、あやしいですか?]

公衆電話って、10円玉で3分話せた時代を知っていますか?
お家の固定電話では恋人と話しづらくって、電話ボックスまで出かけたことありませんか?
「迎えに来て」って、テレフォンカードで電話をかけたことありますか?
子どもにテレカ持たせたことありますか?
テレカではなく、キッズフォンを小学校へ届けて、先生にちょっと眉をひそめられたのはワタシです。
そんなワタシの記憶の片隅にあるのは、昔、ご近所さんやアパートに住んでいる方々が電話を借りに来ていた記憶です。黒いダイヤル式のコードがクルクルしている電話。逆にご近所さんに取り次ぎをお願いされることもあったような・・・。

ポケベルが鳴ると会社に電話を入れるおじさんもいました。

そして今、携帯電話が普及を遥か超越し、通話料金さえ無料の時代です。

いつの時代からの話?ですか?
電話器はコードに繋がっているのがあたりまえのすがたでした。家を建てたらまず電話線を引くのがあたりまえの常識でした。

時代の変化は、こうして半世紀かけずにスピードを加速し続けているのです。
見たこともなかった携帯電話の存在を、今や「胡散臭い」とか、「あやしい」なんて使用をためらう人はいないですよね?

[インターネット、あやしいですか?]

仕事の文書がFAXからメールになったり、世界のニュースをネット配信で見たり、調べたいことは辞書を持ち歩くより検索することが多くなりました。Facebookやブログで発信したり情報交換したり、交流を広げるのにもインターネットは暮らしに浸透しています。

ではこのインターネットが、社会に広まり始めたのはいつ頃でしょう。「Windous95」「Windouw98」などのシステムでパソコン作業を始められた方は多いのではないでしょうか。マイクロソフト社が1995年に開発・販売したWindouw95によって、やっとパソコンそのものが世の中に広く普及し始めたのです。

今、ワタシの勤める町では、学校で子どもたちが一人ひとりの考えをタブレットに書き込み電子黒板に送信して学習するだけでなく、国内外とつながって顔を見ながら意見を交わしたり、ネイティブから英会話を学んだりしています。地方に暮らしながら、スカイプで世界と繋がるのが日常になりつつあります。
チョークと黒板で学ぶ学校の姿も変わってきています。

インターネットは変な人と繋がってしまうかも?それは、身の回りの世界でも同じですよね。関わりを持ちたくない危険を避ける・ブロックするのは、普段の生活もインターネットの世界でも考え方は同じです。
「あやしい人に出会わないよう外出しない」という人はほぼいないであろう、と思うのと同じくらい、インターネットをあやしんで排除しようと考える人はいないのではないでしょうか。

[クレジットカードでネットショッピング、あやしいですか?]

出かけなくてもどこに住んでいても、ネット上に出ている商品を、自分の納得できる価格で買い物でき、届けてもらうことができる時代です。
代引きで、配送業者に現金を渡す方もいますが、ネット上に個人情報・カード情報を打ち込んで、カード会社に代金を立て替え払いしてもらう方は多いのではないでしょうか。これは実際に現金を財布から取り出して渡すという行為はありません。
自分の銀行口座から、カード会社が代金と手数料を引き落とす決済方法になります。
あやしいですか?あやしくないですよね。

お買い物は財布から現金を出してするもの、それがあたりまえの生活でした。
確かにクレジットカードを使うのを嫌う方や、必要ないと考える方もいらっしゃいます。
しかしその一方で、毎日利用する食料品売り場でもプリペイドカード支払いが増え、クレジットカードを嫌う方でもプリペイドカードを使う方はいらっしゃいますよね?デビットカードで支払いしている方も多いのではないでしょうか。


では、[仮想通貨]はどうでしょうか。

知らないものを、あやしい・あやしくないと判断することはできませんが、<よくわからない=あやしい>ではないということを、理解することはできますよね。
まずは日本語のネーミングが「仮想」ですから現実離れしたものを思い浮かべがちですが、これは"電子化されたお金"のことです。
カード決済で現金が目に見えない形で処理されることに違和感がない方は理解されやすいかもしれませんね。

この仮想通貨が昨年の12月に日本で通貨として認められる法案が通り「2017年は仮想通貨元年」と言われています。すでに耳にタコができそうだと感じていらっしゃる方もいるかもしれません。
では、その仮想通貨ってどんなものでなぜ必要なの?どうやって手に入れるの?ということです。

簡単に言うと、仮想通貨は特定の銀行を経由したりカード会社を経由したりせずに、個人間で(または個人からお店や会社に対して)やりとりするお金です。お財布はパソコンや携帯電話の中にあります。

クレジット会社に手数料を払うことなく、ネット上に個人情報を書き込むことなく、自分の保有する電子化されたお金「仮想通貨」を自分の<ウォレット>から相手の<ウォレット>に直接送金する、またはその反対に直接送金してもらうことになります。中間に業者を挟みませんから、手数料はほぼゼロとなります(実際にPCやスマホには通信料がかかっていますからゼロではないということですね)。

子どもへの仕送りはどうしていますか?カード手数料や、他行への振り込み手数料は、回数を重ねれば本当にばかになりません(これはワタシの実感です)。日本ではコンビニ送金引き落としが全国津々浦々整いつつありますが、もし、海外送金となったらどうですか?
国際送金システムを使うと、場合によっては送金金額の10%もの手数料が引かれるようなこともおこります。そして時間もかかるのです。アメリカの国内間でも、1週間程度、送金から着金まで時間を要することがあります。

これが世界中どこにいても時間も手数料もかけずにお金がやりとりできるとしたらどうですか?
旅行で換金した米ドルやシンガポールドル、ユーロやバーツなど、日本円に換金しないで本棚に眠ったままになるようなことも、もはやありません。仮想通貨なら世界中両替も必要なくなるからです。


この仮想通貨は、発行枚数が決まっているため、必要な人が増える程その通貨自体の価値が上がるという特徴をもっています。また、その逆もあります。新しくつくられても流通しないまま消えていく仮想通貨があるのも現実です。

では、現在世界流通総額の第1位であるビットコインはどうでしょう。

ごく簡単にまとめると、ビットコインが2009年に流通し始めたとき1ビットコインの価値は1円以下でした。2013年のキプロス金融危機の際に価格が高騰し、その後下落も経つつ、今日現在(3/15)、1ビットコインは14万円台を上下しています。

日本では昨年11月、東京の電気会社が公共料金の支払いにビットコインを導入したことがニュースになりました。
すでに都内で広まり始めている店舗でのビットイン決済の導入が今後拡大するにつれ、ビットコインそのものの価値が更に高まることは予想に難くありません。

大手銀行の仮想通貨導入、更には新しい仮想通貨の製造もみえてくるのではないでしょうか。

あなたが「糸電話」より「携帯電話」を信じるのと同じくらい、これからは仮想通貨があたりまえの世の中になるのです。


では、実際のどこで仮想通貨を手に入れることができるでしょうか。
ワタシは
〇セキュリティーがしっかりしていて、
〇登録作業がわかりやすく、
〇しかも0.01ビットコインから購入(両替)することができる
〇日本最大の取引所で、
初めてのウォレットをつくりました。
〇取引手数料は0%です。

◎最後に

現在、子どもが使っている教科書から、目に飛び込んできた文を抜粋して紹介します。

『紙のお金がお金として使えるのは、例えば千円札には千円のかちがあると、みんなが信じているからだそうだ。お金のかちを信じられるようにするための仕組みがあることも今回初めて知った(中略)お金の形は時代によって変わっている。未来の社会では、紙のお金や硬貨をつかわなくなるのだろうか。』
(出典:光村図書㊃下はばたき)



「あたりまえ」は時代によって姿をを変えるのです。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?